展示会に出展するブースは施工業者にお任せ|効果的な営業活動

顧客関係情報の管理

システム

企業において、顧客というのは非常に重要な存在です。顧客がいなければ、企業は満足いく利益を得ることができなくなるでしょう。顧客を獲得するのは営業部門における営業担当者で、直接顧客と関わる部門となっています。顧客と関わる機会のある部門というのはその他にも存在し、市場調査を行うマーケティング部門や営業担当者が獲得した顧客のアフターサポートを行うコールセンター部門などがそれにあたります。また、そういった顧客と直接関わる部門では、顧客関係情報と呼ばれるものが発生します。
顧客関係情報というのは、企業側の担当者と顧客がやり取りをした際に発生する意見・要望・クレームなどの情報で、その他にも顧客属性情報等も含まれています。それらの情報は営業活動を行う上で非常に重要な情報ですが、各部門で発生した情報は各部門で管理されるため部門間で共有されません。それでは、顧客関係情報を最大限に活用することはできないでしょう。CRMシステムを導入することで、その問題を解決することが可能です。CRMシステムというのは、各部門における顧客関係情報を統一して管理することのできるシステムで、顧客一人一人に分けて顧客関係情報を可視化することが可能となっています。CRMシステムを利用することで、営業活動を行う営業担当者は、各顧客のニーズを容易に想定することができ、最適な営業戦略を立てることができるようになるのです。また、CRMシステムであれば見込み客の顧客関係情報も管理することが可能なため、新規顧客獲得も容易になるはずです。