展示会に出展するブースは施工業者にお任せ|効果的な営業活動

ブースと装飾のベースカラー

コーナー

企業向け展示会にブースを出展する際には、そのデザインやレイアウトによって成果を得られるかどうかが決まります。ブース作成を任された企業の担当者は、施工業者との設計の話し合いを行う時、企業向け展示会において効果的なデザインやレイアウトについて知っておく必要があるでしょう。また、ブース自体のデザインやレイアウトだけでなく、パネル等の装飾についてもしっかりと考えて設計を行っていくことが大切です。
ブース作成におけるポイントであるデザインとレイアウトについて、まずはブースとパネル等の装飾に使用するベースカラーから考えていきましょう。ブースやパネル等の装飾に使用するベースカラーを選ぶ時、多くの企業はコーポレートカラーを選択しがちです。もし、そのコーポレートカラーが寒色系であった場合、企業向け展示会において成果を挙げるチャンスを逃してしまうかもしれません。寒色系というのは、青系の冷たく落ち着いたカラーのことを指します。人の心を落ち着けるリラックス効果のあるカラーですが、多くの来場者の関心を惹く必要のある企業向け展示会のブースには向いてないカラーと言えるでしょう。企業向け展示会に出展するブース及びそこに設置するパネル等の装飾に使用するベースカラーに最適な色というのは、暖色系のカラーです。暖色系というのは赤や黄色、オレンジといった明るい色で、人間の五感を刺激し関心を惹く効果を持っています。また、暖色系のベースからをブースやその装飾に使用する時には、一部寒色系のカラーを織り交ぜることでより暖色系のカラーを引き立たせることができるでしょう。この効果を、相対色による相対効果と呼びます。